6/29ふみえ食堂×鳥羽 @くらうま『鳥羽の恵みを味わう夏の食卓』

開催日
2019 06 29土曜日

Facebook上でバーチャルにオープンしている『ふみえ食堂』が、くらうまにリアルにオープン!その目にもおいしいおつまみは舌の肥えた食関係者のファンも多い『ふみえ食堂』を定期開催いたします。

第2回目は、三重県鳥羽の食材とコラボした豊かな海と山の恵みを楽しむ食堂。海藻天国と言っても過言ではないほど色々な海藻をはじめ、しらすやうたせえび、海女さんが獲ったたこやサザエなどの海の幸と甘いトマトやしゃきしゃきの野菜などの食材を使ったお料理をお出しします。
当日は鳥羽から海草博士もやってきて、海草の知られざる秘密を教えてくれますよ!
ふみえ食堂で、日本の豊かな食材をおいしく食べましょう!

日時  6月29日(土)17:00〜21:00

参加費  5,500円(税込) ワンドリンク込み

定員 20名

お申込みはページ一番下の【お申込み】ボタンよりお願いします。
キャンセルポリシー:食材手配のため、イベント開催3日前以降100%頂戴します。代理の方の参加も可能です。


当日のメニュー
(※仕入れ状況によって変更になる場合がございます)

7月6日(土)には金子文恵さんの新刊『なにしろ、親のごはんが気になるもので』 (家の光協会)の出版イベントもくらうまにて開催されます。
こちらの詳細も併せてご覧ください〉〉
https://kurauma.co.jp/article/632

金子文恵

目にも舌にもおいしい料理をモットーに、食をデザインする料理家。
文化服装学院を卒業後、ファッションデザイナーとして活躍しながら友人にふるまった料理が評判になり、料理家へ転身。デザインセンスを生かしつつ地に足のついたおいしい料理のレシピを主宰する料理教室や、雑誌・Web、企業のレシピ開発などで紹介するなど幅広く活躍。その経験から生まれた料理が『ニュー スタイル レシピ』(主婦と生活社)として出版され、見た目のイメージを覆す手軽な料理が人気を博している。
6/16(日)に新刊『なにしろ、親のごはんが気になるもので』 (家の光協会)を出版。