(終了しました)5/29料理家 金子文恵さんの「魯肉飯」「えび天薬味ごはん」 販売

開催日
2020 05 29金曜日

くらうまテイクアウトのご案内です!
5/29(金)は、料理家 金子文恵さんの「魯肉飯」と「えび天薬味ごはん」の販売。
金子文恵さんは、 目にも舌にもおいしい料理をモットーに、食をデザインする料理家。
くらうまでも不定期開催している「ふみえ食堂」では、その日のテーマ地域の食材を使ったオリジナル料理を振る舞っています。

【メニュー】
① 魯肉飯(みそ汁付き)※20食限定
台湾めしの代表選手、魯肉飯。食欲をそそる五香粉香る甘辛豚肉がたっぷりかかったごはんをひと口食べれば、そこは台湾!  
1人前 1,000円(税込1080円) 

② えび天薬味ごはん (みそ汁付き)※5食限定
えびを香りよく揚げて、香味野菜と一緒に混ぜ込んだ初夏の香りいっぱいのごはん。季節限定の一品です。
1人前 800円(税込864円) 

【販売について】
日程 5月29日(金)
時間 11:30~17:00 ※売り切れ次第終了になります。
場所 くらうま しもきた
メニュー
① 魯肉飯(みそ汁付き)※20食限定
② えび天薬味ごはん (みそ汁付き)※5食限定
※両品共、当日中にお召し上がりください。
※数量限定のため、事前予約が確実です。
≪事前予約の方は〈コチラ〉よりどうぞ≫


これまでの「ふみえ食堂」の様子はこちらよりご覧いただけます・・
2019年6月29日 ふみえ食堂×鳥羽
2020年2月1日 ふみえ食堂×鳥羽 One table
2020年2月2日 鳥羽ウィークエンド“ランチと料理教室”

料理家 金子文恵

目にも舌にもおいしい料理をモットーに、食をデザインする料理家。
文化服装学院を卒業後、ファッションデザイナーとして活躍しながら友人にふるまった料理が評判になり、料理家へ転身。
デザインセンスを生かしつつ地に足のついたおいしい料理のレシピを主宰する料理教室や、雑誌・Web、企業のレシピ開発などで紹介するなど幅広く活躍。
その経験から生まれた料理が『ニュー スタイル レシピ』(主婦と生活社)として出版され、見た目のイメージを覆す手軽な料理が人気を博している。
また遠距離介護の経験から生まれた冷凍おかずセットをテーマにした『なにしろ、親のごはんが気になるもので。』(家の光協会)は発売月に重版され、介護をしている人はもちろん、日々の生活に役立つと注目を集めている。